バングラデシュロケットスチーマーで川の旅/ロケットスチーマーのチケット購入の仕方

ロケットスチーマーのチケット購入の仕方

ロケットスチーマー

ロケットスチーマーのチケット購入の仕方


ロケットスチーマーの旅の前に知っておきたいこと

ロケットスチーマーとはその名のとおり、もともとは蒸気船でしたが90年代後半にどの船もディーゼルエンジンに変更され、 今でもバングラデシュの南部の川を行き来しています。最終埠頭のクルナ付近には世界遺産の「バゲルハット」があることで ロケットスチーマーを利用して観光を楽しんでいる方も年々増えてきています。 現在稼動しているのはレプサ号、マスッド号、オースリッチ号ですが、出航する船は季節と水量によって所要時間は変わってきます。 ロケットスチーマーは国営でBIWTA(Bangladesh Inland Transport Authority) によって管理されているため、搭乗券の購入は当日または前日の販売になっております。 1等船室はクーラーの付いた2ベッドルームをシェアするようになりますが、当日満室のこともございますので、 その場合は2等船室のご予約になることもあります。
ハルタルや搭乗人数が50パーセントに満たない場合、船の故障や水かさが足りないことなどで出港がキャンセルされることもありますので、 前もってそれらの事情も踏まえた上で旅行の計画を立てることが無難といえるでしょう。

ダッカ市内の道路は毎日大変な交通渋滞で思ったとおりに100%事が進まないことを理解しておくことが良いでしょう。


ロケットスチーマーの種類

稼働中のロケットスチーマー船の名前は?


ロケットスチーマー

【 レプサ号 】

1938年インドのカルカッタ建造
1996年に水蒸気船からディーゼル船に変更


ロケットスチーマー

【 オースリッチ号 】

1929年インドのカルカッタ建造
1996年に水蒸気船からディーゼル船に変更


ロケットスチーマー

【マスッド号 】

1928年インドのカルカッタ建造
1995年に水蒸気船からディーゼル船に変更





チケット売り場(ダッカ)

ロケットスチーマーチケット売り場はどこ


ロケットスチーマー 電話でチケットの予約は可能ですが、残念ながら今のところオンラインやメールでの予約はできません。
モテジールのビマン航空オフィスのわきにあるBIWTC(Bangladesh Inland Water Transport Corporation: バングラデシュ内航水運公社)の本社に電話、または直接行ってスケジュールを確認し、チケットをご購入ください。 オフィスはビルの2階です。オフィス時間以外も閉まっていることがありますので、必ず電話をしてから行くことが賢明です。また、曜日によって 出航するスチーマーと到着先が変更しますので、そちらも踏まえて電話で確認してチケットのご購入をしてください。

【オフィス】BIWTCオフィス
【住所】Bangladesh Inland Transport Corp (BIWTC)
5 Dilkusha, Dhaka.
【電話】+88-02-9559779
【営業時間】Sunday〜Thursday 9:30 am 〜 5:00 pm
【WEBSITE】http://www.biwtc.gov.bd



ロケットスチーマー体験ブログご紹介

みんなのロケットスチーマー体験ブログ見てみたい!


バングラデシュのロケットスチーマーの体験談が紹介されてるブログを集めてみました。 どのブログも大変貴重な情報が盛り込まれています。過去のブログになりますので詳細に関しましては 現在と多少の誤差があることもございますが、どのブログも画像つきで詳しく説明されていますので ロケットスチーマーでバングラデシュの旅をされたいとお考えの方には是非ご覧になっていただきたいと 思います。

・バングラインド旅行記
・バングラデシュの世界遺産
・ロケットスチーマーの旅
・亜細亜の街角
・地球を散歩

2011年12月現在:BIWTCのウェブサイトを元に作製されています。




ロケットスチーマー
ロケットスチーマー